人気のカテゴリ

2018/01/22

釣行 シーバス701[ 内房 ] 干潟のバチ抜けどうでしょう?

【2018/01/20 18:30-22:30 湾奥】

■状況
天候 晴
気温 7度→5度
表水温 ?度
潮汐 大潮 162cm→70cm
風 東南東1m

さてさて、本日も懲りずに行ってまいりました!
ナイトの内房シーバス干潟、 ウェーディングプレイ with サーモン氏。

若干早い気もしますが、そろそろバチ抜けどうでしょう?

ってことで内房干潟に。

現着は満潮のタイミングで潮動かずでしたが、しばらくすると流れも効きだして良さげな雰囲気。

前日hiro氏もポロポロ釣れていたようなので、魚の顔ぐらいは見れるかな~と楽観的でありましたが…

しかし、バチの姿は見えず…

一切バイトなし(震

潮上のサーモン氏にはアタリはあるみたいなんですが…隣の自分は全くです。

上から下まで、ルアーをとっかえひっかえ探っていると、ようやくボトム付近でコココと控えめなバイト!

合わせてみると貧弱な手応えあり。

貴重な一本になる可能性大なので慎重に~

シーバス 内房 フィール100

セイゴタソですが。

いやー、サイズはともあれマジで釣れて良かったです。

この後も1バイトありましたがのらず…

状況良ければは沖まで出るプランでしたが、反応が乏しいので早めに切り上げとしました。

結果、2バイト1ヒット1ゲット。

やはり貴重な一本でしたw

結局バチの姿は見えず&魚薄く、やはり少々早かったようですw

シーバス 内房 干潟

サーモン氏お疲れさまでした。

危うくホゲるとこだったぞ(;゚∀゚)=3ハァハァ

▼タックル1
シマノ(SHIMANO) DIALUNA-XR S900L
シマノ(SHIMANO) 12レアニウム CI4+ C3000HG
YGKよつあみ G-soul X8 アップグレード 0.8号(16lb) + サンヨー ナノダックスリーダー 23.5LB

ヒットルアー:feel100

ロスト:なし
本日拾ったごみ:なし
爆釣速報
GyoNetBlog ランキングバナー

2018/01/19

インプレ シマノ サイレントアサシン99SP AR-C[SHIMANO SilentAssassin 99SP AR-C]

今回は2017年の秋から河川で使っている「シマノ サイレントアサシン99 SP AR-C」を、いつも通り独断と偏見でインプレしております。



メーカー説明


アサシンの飛びそのままで、もっとブリブリと強く泳ぐ99が欲しい!という多くの要望に、喰わせの間を取るサスペンドチューンでお応えしました。リップを中心とした細部に補強を施し、強度向上を狙いつつ、アサシンシリーズでは最も強いブルブルとしたウォブロールアクションを実現しています。また、様々な使用環境が考慮されるシーバスフィッシングにおいて、絶妙なサスペンド浮力を全ての環境で実現するのは非常に困難です。そこで、最も対応力の高いサスペンド設定を求めて、河口に近い春の汽水域でゆっくりと沈む程度の浮力に調整しました。

■サイレントアサシン99SP AR-C


全長:99mm
重量:15g
流速スペック:40㎝/秒~
潜行水深:80~130㎝
飛距離:61m
タイプ:サスペンド
スイムフォール:15°
フック:ST-46 #4

メーカーサイトのより詳しい情報はこちらから~


はじめに


自分の使用状況はというと2017年11月~2017年12月の間で4回の釣行で使用しました。

4回すべて東京湾奥河川、ナイトウェーディングでの使用です。

使用したロッドSHIMANO DIALUNA-XR S906ML、リールはシマノレアニウム3000HGと4000XGを使い分け、ラインはPE0.8号を巻いてました。

実釣回数はまだ少ないんですが、印象に残ったルアーなので現時点でのインプレを書いてみたいと思います。



インプレ


まず飛距離ですが他のアサシン99シリーズ同様によく飛びます。

10㎝クラスのミノーでは最高クラスといってよいでしょう。

AR-Cの恩恵で安定した飛行姿勢を保ち、強風下でも変わらず目標のポイントに届けることが可能、またこれもAR-Cの恩恵ですが泳ぎだしも良好です。

MLクラスのロッドがストレスなくキャストできてよい感じ。

続いての利点としてはフックサイズ。



このサイズのミノーとしては大きめの#4を標準装備しており、大型の魚を狙う秋の河川でも安心して使えるのもメリットです。

大きい魚でも安心!
※2017/12/17にゲットした70UP

このへんまでは99Sと特に変わらないですね…

アクションは動画があったのでこちらからどうぞ。



動画やメーカーの説明文を見ると強い泳ぎのアサシンということで、強い水押しを活かした巻きの釣りが良さげなんですが、実際使用してみると少し違った印象アリ。

もちろん巻いても十分釣れると思うんですが、自分の場合はほとんど宙層での流しの釣りに使用してました。

特に出番が多かったのはピンへの流し込み。

狙いのレンジまで巻いて潜行させ、その後は流れに任せて放置し食わせどころのピンに流し込んでました。

あと、もうひとつの使い方としては広い範囲をサーチするケース。

その場合も一旦狙いのレンジまで巻いて潜行させ、その後流しながら時折トゥイッチで誘いを掛けていました。

特にブレイクを線で探っていくのに具合が良かったです。

一定のレンジをキープしやすく、この手の釣りでは一番使いやすかったです。

というのが、現時点でのこのルアーの印象です。

巻きでの釣りは…今後使い込んで気づいたことあれば追記していきたいと思います。



で、欠点。

他のアサシンシリーズ同様ですね。

以前に129S/F、99Sでも触れてますが、衝撃に対して脆いので、スト周りでの使用は避けるのが賢明です。購入時にはAR-Cが正常に機能しているかどうかチェックしたほうがよいですね。ルアーを振ってみてバネの戻りの遅いものは避けましょう。

まとめ


ざっくりまとめると…

・AR-Cの恩恵で状況選ばず安定した飛距離
・アクションは強めのウォブロール
・流しの釣りが相性良さ気
・サスペンドなのでレンジコントロールしやすい
・ロッドはMLクラスがよさげ

こんなかんじです。
今後も使って何か気づいた点があれば追記していきたいと思います。

サイレントアサシン99SP AR-Cを使用しての釣行記一覧はこちらから。
サイレントアサシン99SP AR-C釣行記まとめ

ほいでは皆さんエンジョイフィッシング(゚∀゚)

本記事以外にも自分が使って気に入ったルアーのインプレ書いてます。
参考になるかわからんですが、よろしければこちらからどうぞ~→その他ルアーインプレ

爆釣速報
GyoNetBlog ランキングバナー

2018/01/16

釣行 シーバス700[ 湾奥 ] そろそろ干潟どうでしょう?

【2018/01/15 22:00-23:00 湾奥】

■状況
天候 晴
気温 6度
表水温 ?度
潮汐 大潮 12cm→6cm
風 南西2m

さてさて、本日も懲りずに行ってまいりました!
ナイトの湾奥シーバス干潟ウェーディングプレイ。

日中の南西強風から一発あるやも…と勇んで出撃。

湾奥干潟

上げっぱな狙いの短時間勝負です。

えっちらおっちらとミオ筋まで到着しましたが、風で底荒れしたのか濁りきつく、実測潮位もお高めでテンションダウンw

それでもバイトくらいはあるだろうと、期待を込めて実績のバチルアーを投入しますが一切反応なし。

いよいよ潮が上げ始めましたが、流れも弱く早々に降参ですw


完ホゲですな。

いい運動でしたw

時間取れればこの潮回りあと一回くらい調査したいと思います。

▼タックル1
シマノ(SHIMANO) DIALUNA-XR S900L
シマノ(SHIMANO) 12レアニウム CI4+ C3000HG
YGKよつあみ G-soul X8 アップグレード 0.8号(16lb) + サンヨー ナノダックスリーダー 23.5LB

ヒットルアー:なし

ロスト:なし
本日拾ったごみ:なし

爆釣速報
GyoNetBlog ランキングバナー